買い替える前に

カメラの買い替えは、買取を考慮して総合的に考えるとお得と最初に示しましたが、これには理由があります。カメラ本体は新しい機種を手に入れると、あまり使わなくなります。そのため買取を行い、結果として新機種を安く手に入れるわけですが、付属品は一緒に買取に出したほうが良いケースと、そうではないケースがあるのです。

これは一概に断言できないことが多く、買い替える本人が判断する必要があります。前項でも示しましたが、カメラはデジカメが主流になると家電化が進みました。家電はその製品に合ったもの、他の製品には使えないものが存在します。デジカメも種類によっては付属品の使いまわしができないものがありますので断言はできないのです。

デジタル一眼レフの場合、レンズや三脚など共用できるものがありますが、種類によっては専用のものもありますので、これもまたよく調べる必要があります。買い替えに必要なことは、今手持ちの付属品が次期購入機種に使えるか、また次期機種の性能がそれを必要としているかどうか、その総合的な判断が必要になってきます。その判断をしないまま手元においておくと、次期機種には使えず無用の長物になる可能性もあるのです。そのためにもカメラを買取してもらう前にちゃんと総合的に考えておく必要があるのです。