ストラップ

少し大きめのカメラを買うと、ストラップがついてきます。ですがそれをそのまま使用する人は少なく、特に一眼レフを使用する人は専用のストラップに交換します。付属のストラップが使えないということはないのですが、カメラに対し細く、首や肩に提げていると食い込んだり、滑ったりするため、滑り止めがついた専用のストラップを購入するのです。このストラップは、カメラメーカーの名前が記してあることがほとんどであり、カメラを買い替える場合には一緒に替えることがほとんどです。

ほとんど使用していない純正があるので、わざわざ付け替える必要もないのですが、それには理由があります。まず次に買い替えるカメラが同じメーカーのものであるとは限りません。CというメーカーのカメラにNというカメラメーカー名が大きく入ったストラップをつけていては少々恥ずかしいものがあります。対外的な理由だけではなく、実用的な理由もあります。先に示したようにメーカー製のストラップは滑り止めが施されています。この滑り止めはかなり効果が高いのですが、それゆえに劣化することがあり、使いまわしを続けると効果が薄れます。表生地は傷んでいなくても、滑り止めは劣化しますので、なるべく交換したほうが良いのです。