カメラの買い替えと買取

カメラの買い替えを思いついたとき、まず一番に考えることは、次の機種の価格でしょう。たしかに同じ機種であるならば、安価であるならばそれに越したことはありません。カメラの売れ筋がフィルムからデジタルへと移行するのと同時に、カメラ業界という独立したものから、家電へ移行しました。これは被写体を画像へと写しこむ原理そのものは変わりありませんが、「写しこむ」媒体が変わってしまったからです。デジカメが画像をデジタル処理(加工)するのに対し、フィルムは液体により固定するいわばアナログ方式です。カメラの進化はオートフォーカスやピントや絞りを自動化し、失敗を減らすようにしてきました。フィルム自体には手を加えなかったのです。ですがデジカメの登場により、一気にデジタル化が進み、それまでカメラ事業に参加していなかったメーカーも乗り出しました。ガラケーやスマホの進化を思い出せば分かるように、デジタル化されると新機種は次々に登場し、優れた性能のものであっても旧機種になってしまいます。これがデジカメの家電化なのです。

とはいうものの、デジカメは家電でありながらカメラ業界の流れをすべて無くしてしまったのではありません。デジカメを購入し、買ったまま単体で使用する人は少ないでしょう。メモリーカードやストラップ、ケースやレンズなどは別売りのものを組み合わせより使いやすく設定しているはずです。買取を行うときはこれが大きな役割を果たすことが多いのです。そのため購入する価格だけにこだわるのではなく、買取ができるかどうか?そしてそれらを総合して考えてみると、よりお得だといえるでしょう。