買い替える前に

カメラの買い替えは、買取を考慮して総合的に考えるとお得と最初に示しましたが、これには理由があります。カメラ本体は新しい機種を手に入れると、あまり使わなくなります。そのため買取を行い、結果として新機種を安く手に入れるわけですが、付属品は一緒に買取に出したほうが良いケースと、そうではないケースがあるのです。

これは一概に断言できないことが多く、買い替える本人が判断する必要があります。前項でも示しましたが、カメラはデジカメが主流になると家電化が進みました。家電はその製品に合ったもの、他の製品には使えないものが存在します。デジカメも種類によっては付属品の使いまわしができないものがありますので断言はできないのです。

デジタル一眼レフの場合、レンズや三脚など共用できるものがありますが、種類によっては専用のものもありますので、これもまたよく調べる必要があります。買い替えに必要なことは、今手持ちの付属品が次期購入機種に使えるか、また次期機種の性能がそれを必要としているかどうか、その総合的な判断が必要になってきます。その判断をしないまま手元においておくと、次期機種には使えず無用の長物になる可能性もあるのです。そのためにもカメラを買取してもらう前にちゃんと総合的に考えておく必要があるのです。

ストラップ

少し大きめのカメラを買うと、ストラップがついてきます。ですがそれをそのまま使用する人は少なく、特に一眼レフを使用する人は専用のストラップに交換します。付属のストラップが使えないということはないのですが、カメラに対し細く、首や肩に提げていると食い込んだり、滑ったりするため、滑り止めがついた専用のストラップを購入するのです。このストラップは、カメラメーカーの名前が記してあることがほとんどであり、カメラを買い替える場合には一緒に替えることがほとんどです。

ほとんど使用していない純正があるので、わざわざ付け替える必要もないのですが、それには理由があります。まず次に買い替えるカメラが同じメーカーのものであるとは限りません。CというメーカーのカメラにNというカメラメーカー名が大きく入ったストラップをつけていては少々恥ずかしいものがあります。対外的な理由だけではなく、実用的な理由もあります。先に示したようにメーカー製のストラップは滑り止めが施されています。この滑り止めはかなり効果が高いのですが、それゆえに劣化することがあり、使いまわしを続けると効果が薄れます。表生地は傷んでいなくても、滑り止めは劣化しますので、なるべく交換したほうが良いのです。

レンズについて

カメラはデジカメになり、家電扱いをされていますが、販売形式としてはカメラのままです。基本的にメーカーが販売している「カメラ」は本体のみです。コンパクトカメラはカメラのみでも撮影は可能(SDカードは必要)ですが、一眼レフの場合はそうはいきません。一眼レフの販売は本体のみであり、レンズは別売りなのです。インターネットや一般家電店ではレンズがついていますが、あれはあくまでその店が設定したセットであり、メーカーが直接設定しているわけではありません。正確にはカメラ本体ですと「ボディ」、レンズがついていると「レンズキット」と商品名の後につくことになります。

デジカメになりメーカー側もこのレンズキットを販売していますが、すべてがメーカー純正であるとは限りません。メーカー純正のレンズキットは、高額でありそれに伴い下取り価格も高くなります。ですが安価なレンズですと、下取りも当然安価になりますので、その点は注意が必要になります。ボディと変わらない下取りですと、一緒にだすより、単体で買取に出すか、次期機種に対応が可能であるなら替えレンズとして使用したほうがお得だといえるでしょう。まずは基本的なこととして、どのような形で購入したかは覚えておく必要があるのです。

カメラの買い替えと買取

カメラの買い替えを思いついたとき、まず一番に考えることは、次の機種の価格でしょう。たしかに同じ機種であるならば、安価であるならばそれに越したことはありません。カメラの売れ筋がフィルムからデジタルへと移行するのと同時に、カメラ業界という独立したものから、家電へ移行しました。これは被写体を画像へと写しこむ原理そのものは変わりありませんが、「写しこむ」媒体が変わってしまったからです。デジカメが画像をデジタル処理(加工)するのに対し、フィルムは液体により固定するいわばアナログ方式です。カメラの進化はオートフォーカスやピントや絞りを自動化し、失敗を減らすようにしてきました。フィルム自体には手を加えなかったのです。ですがデジカメの登場により、一気にデジタル化が進み、それまでカメラ事業に参加していなかったメーカーも乗り出しました。ガラケーやスマホの進化を思い出せば分かるように、デジタル化されると新機種は次々に登場し、優れた性能のものであっても旧機種になってしまいます。これがデジカメの家電化なのです。

とはいうものの、デジカメは家電でありながらカメラ業界の流れをすべて無くしてしまったのではありません。デジカメを購入し、買ったまま単体で使用する人は少ないでしょう。メモリーカードやストラップ、ケースやレンズなどは別売りのものを組み合わせより使いやすく設定しているはずです。買取を行うときはこれが大きな役割を果たすことが多いのです。そのため購入する価格だけにこだわるのではなく、買取ができるかどうか?そしてそれらを総合して考えてみると、よりお得だといえるでしょう。